スキップしてメイン コンテンツに移動

有鹿の森


弥生の森

有鹿神社本宮は、相模川中流域で中津川小鮎川鳩川という支流合流点の水はけのよい自然堤防上に鎮座しています。この場所には遅くとも弥生時代中期には人々の暮らす大集落があったことが河原口坊中遺跡の発掘調査で分かっています。
500を超える竪穴式住居、多彩な石器や土器、小銅鐸などの祭具、泥で空気から遮断されていたために木製の農具や生活道具が当時の姿のまま発掘されました。
その発掘調査から当時の植生環境が分かる大型植物遺体も分析されています。
カヤ種子、ヒノキ葉、スギ葉・種子・救果、モミ葉、オニグルミ核、ヤナギ属葉、サワシバ 果実、イヌシデ果実、アサダ果実、シラカシ葉・果実、ウラジロガシ葉、コナラ属果実・幼果、ムクノキ核、エノキ属葉・果実・核、コウゾ属核、クワ属核、コブシ種子、アオツヅラフジ種子、マタタビ属種子、モモ核、ウメ核、サクラ節核、バラ属A・B・C核、キイチゴ属核、フジ属芽、センダン核、トチノキ果実・種子、ツタ種子、ブドウ属種子、タラノキ核、ウコギ 属核、クサギ種子、ニワトコ種子、オオカメノキ核、サンショウ種子、イタヤカエデ果実・ 種子、イイギリ種子、エゴノキ属核、キリ種子の木本植物 37 分類、草本植物 54 分類群、シダ植物1分類。
栽培植物ではイネ、キビ、ヒエ、アサ、ヒョウタン、モモ、カボチャが見つかり、また、カツオやマグロ、アユ、メジロザメ等の魚類、イノシシ、ニホンジカ、タヌキ、ツキノワグマ、ニホンオオカミ等の獣骨も発見された。
このようなことから、弥生時代の有鹿の森では豊かな照葉樹林冷温帯落葉樹林が広がり、人々はその木を伐採して住居や道具を作り、水辺での祭祀を行い、魚や獣を狩り、畑を開墾し、近隣の後背湿地で水田稲作を行っていたと想像できます。

”松無し”の有鹿の森

江戸時代前期の禅僧、鉄牛道機が竜峰寺に滞在した時にその景色を讃えたという竜峰寺八景詩の1つ、祇林緑樹は有鹿の森を指すと考えられる。
鬱密幽叢祇樹林
薫風殿閣滴清陰
区々紫陌紅塵外
来此応須洗客心
竜峰寺のあった相模横山の高台から大山の方向を見ると、眼下には広大な海老名耕地の水田、そして相模川の流れの前には鬱蒼とした緑樹に覆われた鎮守の杜が坊中~外記河原まで広がっていたのでしょう。

現代は建物で遮られてしまっている風景(GoogleEarth)
江戸時代の漢詩に表される程の立派な森には、松の木が一本も生えていない「松無しの森」という伝承があります。
これは有鹿の神が大蛇となって上流へ上った時、大角豆の鞘で目を突いて傷を負ったという大角豆伝説から有鹿様が尖ったものを嫌い、松の葉も嫌うという話へ変化したものと考えられ、【お有鹿様と水引祭】(20p)によると「神社から座間に至るまで松は一本も無かった」としています。しかし、同じ尖ったものとはいえ、大角豆が駄目だから松も駄目とするには理由が足りない気がします。
現在の有鹿神社境内の樹木にはマツはなく、植生もケヤキやタブノキを中心とする常緑広葉樹林です。この植生こそ自然堤防地域で人の影響を受けないで発達した自然植生で、有鹿の森は古代から聖地として森と人とが共生していたことを表しています。
中世以降、木材需要の拡大により山林が荒廃、土砂の流出が進み、河川が洪水を起こす頻度が高まっていきます。寛文6年(1666)には河川への土砂流出を防ぐため諸国山川掟が出され、相模国内でも洪水対策のために享保11年 (1726)酒匂川に文命堤が作られて、後に堤防に8000本の松が植えられた時代です。相模川でも治水対策が進み、上郷、河原口でも築堤工事は行われましたが、森に松の植栽は行われなかった。それは古来より洪水が起きても水に浸らなかった森には必要ないということもありましたが、鎮守の杜を人の手から守るために「お有鹿様は松を嫌う」ということになった、という可能性があると考えています。ただし、大角豆伝説についてはまた別の記事で書いてみたいと思います。

現代の有鹿の森

戦前の横須賀水道工事、戦後の宅地開発ラッシュを経て。令和元年、有鹿の森は主に境内とはいえ市内でも貴重な自然植生の森を保ち青々と繁っています。
過去の史料には樹種についての記録がなく、小島庸和宮司の書いた【相模国府の所在について】の中にタブノキ、シロモダ、ソノキ、ケヤキ、ムクノキ、アカメガシとあるものと、新聞記事になったことがあるという話ですが、こちらでは確認できていません。
地元上郷で造園業を営む昇華園様(外部リンク)、有鹿神社禰宜、小島実和子様のお力によりGoogleマイマップに有鹿神社境内の樹種と位置を記録することができたので掲載します。




主な樹木を数えると、
ケヤキ19本、ムクノキ8本、タブノキ8本、イチョウ6本、クスノキ3本、エノキ3本、カゴノキ2本、スギ1本、シロダモ1本。
ソノキ、アカメガシは見られませんでしたが、昭和に入って社務所の場所を変えての建て替えが行われていますので、その時に伐採された可能性があります。

樹齢については正確なところはわかりませんが、幹の太さから樹齢500年を超えるものもあるといいます。


社務所の前のケヤキとムクノキは昭和56年に海老名市自然緑地保存樹木に指定されていて、境内の森全域も昭和62年に海老名市自然緑地保全区域に指定されています。


御神木は社殿西側のカゴノキ
大木になると樹皮が鹿の子模様になることから鹿子の木という。有鹿神社は子育てにもご利益があるということで、有鹿神社の御神木のイメージに合っている感じです。
境内三社様の背後には、先代の御神木も残っていて、こちらはタブノキ。なんと雷が落ちたのだそうで、木の中心は空洞化していますが今でも青々と葉が茂っています。雷から社殿を守り、なお生き続けている姿は力強い生命力を感じる木です。
将来の御神木もしっかりと育っていて、こちらは鳥居の右手すぐの欅根花壇(けやきねかだん)に植えられたオガタマノキ。台風の強風で枝が折れ、倒木の危険からやむなく伐木されたケヤキの根は花壇として生まれ変わり、そこに招霊の木が移植されました。この木は移植が難しいと言われ、最初は枯れかけたそうですが、見事に持ち直し、春には可愛い花もつけていました。(花の感じからカラタネオガタマかもしれません)
天岩戸神話で天岩戸前で舞った天鈿女命が手にしていた木とも言われています。

欅根花壇
他にも境内には季節ごとに参拝する人々の目を楽しませてくれる落葉樹、低木、草花が見られます。欅根花壇にはコキア、ツツジ。境内東側の有鹿天神社近くには、紅梅、白梅、河津桜、椿。天神社裏の花壇には菜の花やハーブ。社殿の後ろ側には紫陽花。そして、秋には見事に紅葉するイチョウ、カエデ。

また、境外ではありますが、有鹿の森の一部である自然堤防有鹿丘を三川公園へ向かって歩いていくとソメイヨシノが植えられています。植えられた年代はわかりませんが、おそらく公園の整備が始まった近年でしょう。

相模川の治水が進み洪水の驚異は少なくなり、燃料は木々の枝葉ではなく、電気や石油になりました。人々の暮らしが変わって、有鹿の森もまた、姿を変えていっています。
それは悪いということではなく、有鹿の森と人との新しい共生が始まったように思います。



コメント

このブログの人気の投稿

三眼六足稲荷と有鹿岡

三眼六足稲荷 有鹿神社本宮から南に約800メートルほどにある安養院の末社、三眼六足稲荷神社にはイナゴの災害から田畑を守った白狐伝説が伝わっています。
【相模惣国風土記残欠】を引用すると以下のようにある。
有鹿岡 有二社之南一。出二怪巌一。常有二数尾之白狐一。土貢逢蝗蟹之災之時。白狐変二田夫一除二其災一。如レ神。土俗崇レ之如レ神。【鷹倉社寺考】(39p)の安養院の項には「稲荷社、有鹿明神ノ使姫白狐ヲ祀ルト伝フ」とあり、有鹿神社の使姫(つかわしめ)であったという。

また、境内の石碑にも縁起文があるので一部を引用する。
(前文略)平安の頃から相模二十三座の式内社として有鹿岡に鎮座し延喜式内有鹿神社の霊域で其舊蹟は今も尚當院境内に一堆の浄域を存す 往昔この岡に年久しく棲み馴れし白狐あり 常に郷中の田園を守護し時に姿を農夫に化身し諸所の障害を驅除し數々の竒特を具現せり里民その神變不可思議を神使と感得し畏敬の念を岡邊に集ひて祠を建て稻荷明神と奉祀した(中略)
鎌倉時代地頭海老名尾張守李貞深く信仰し累代守護所と崇め三貫六百文の神田を捧げ加て祭祀を厚くす 降って寛永年間格雲守存 大和尚當院開山に念し右稲荷明神を境内鎮守と仰ぎ即ち稲荷山安養院と號す 其後文化十年山城國紀伊郡稻荷本宮より分霊を奉載し 社格を正一位に進め奉る(後略) この縁起の海老名李貞から捧げられた三貫六百文の神田から、三眼六足稲荷と呼ばれるようになったという。
【海老名の史跡探訪】(54p)にはこの海老名李貞と白狐のエピソードが言伝として紹介されている。
(前文略)境内には三眼六足稲荷があり、この縁起は古く、言伝によればその昔、頼朝富士の牧狩の時、一匹の白狐を射止んとした。その白狐手を合せて助けを求めんが有様に、海老名源八これをもらい受け有鹿丘に救う。
以来郷中の田園を守護し、時には農夫に姿を変えたりして各種の災を除くなど数々。里人神の使いとして祠を建て稲荷大明神として祀ったそうな(後文略) 有鹿岡 では、白狐が棲み、三眼六足稲荷が祀られたという有鹿岡とは何なのか。
有鹿神社の小島宮司が著した【お有鹿様と水引祭】(34p)には「有鹿神社の創建に係わる有力者を埋葬した古墳といわれている」とありますが、現在、その場所は安養院で、古墳ような地形は見当たらなくなっています。
実は昭和34年に発掘調査されています。海老名市立歴…

有鹿の池

有鹿の池有鹿神社中宮の境内にあり、石橋の架かる小さな涸れ池です。
 この池は有鹿明神縁起によると清浄の霊池とされ、永承4年(1049)後冷泉院より仏舎利の奉納があった時に有鹿明神が随喜してこの池に影向(ようごう)したことから影向の池とも呼ばれる。
 また同縁起には有鹿神社別当寺総持院の住職、慶雄が天正3年(1575)夢告によりこの池より御神体となる霊石を得たとされています。

 有鹿の池のすぐ横には海老名五ヶ村用水路(鳩川用水)が通っていて、有鹿井戸と同じように田植えの時期には伏流水が池を満たしていたといいます。



有鹿神社の石灯籠

社殿前両脇に二基づつ、四基の石灯籠が有鹿神社で現役の灯籠です。


 新しい石灯籠は平成9年7月に建立されたもので、火袋が六角柱で鹿が彫られている形ということで、よく見る春日灯籠です。

 古い石灯籠は明治17年7月建立とあるもの。形はよく知られる灯籠の分類には当てはまらないように見えます。もしかしたら、何かの原因で修復されたのでしょうか。

 さて、社殿後ろ石舎では、さらに古い灯籠のことについて記されたものを見ることができます。
 貞享4年(1687)8月に望月次郎七により石燈籠が寄進され、この石は灯籠の柱か、傍らに置かれている丸い石は宝珠でしょうか。


何も知らずに見れば、朽ちかけた石碑ですが、当時は境内に明りを灯していたことでしょう。

 現在は石灯籠に火が灯る機会は少ないですが、それでも、有鹿神社の石灯籠の火袋の中を覗くと、あなたの心にほっこりとあかりを灯すような出会いがあるかもしれません。