スキップしてメイン コンテンツに移動

史料に見る有鹿神社の神職

水引祭での祭祀の様子

有鹿神社の神職について触れられている史料を見てみると【鷹倉社寺考】(34P)に
鶴岡八幡神社職事大伴家古文ニ「当国下海老名郷領家、有鹿神社主、山崎山城守時光」将軍家神供料御寄進ノ古文ヲ蔵セリ。
とあるが、この大伴家古文を未確認であるので調査中とする。
ただし、下海老名郷という記述を見ると、鎌倉、室町時代以降のことであると思われる。

次に【海老名市史7通史編近世】(638P)に井上主計(かずえ)と加藤頼母(たのも)という名前が出てきます。明治元年(1868)に神仏分離令が出された後、有鹿神社別当、総持院龍海と檀家、総代、福寿院、河原口名主の連名で「龍海が復飾するところであるが、総持院には十六の末寺を抱え、檀家もあるので、有鹿神社の別当職を離れるのみとし、弟子の隆寛房を井上主計と改名して神職として務めさせたい」という願書を提出した。しかし、長年有鹿神社の神事に関与していたという加藤頼母が反対し、紛争が起きたという。
最終的には井上主計(隆寛房)、加藤頼母、共に退役して、加藤頼母の子が井上主計の名前を継ぐ形で神主になることで内済した。これはすでに神奈川県に有鹿神社の神職は井上主計で提出してあったためであった。
神職井上家は大正、昭和初期まで続き、大正二年には横須賀水道工事に伴う有鹿神社の土地登録抹消申請書【海老名市史4資料編近代】(494p)が提出され井上多満喜が社々司となっていること、また昭和に入って【海老名市史5資料編現代】(322P)の高座郡神職会事業報告から分かる。
「昭和14年1月4日 郷社有鹿神社々司井上多満喜氏葬儀執行ニツキ会長会葬ス」
しかし、戦後、昭和26年、宗教法人令に代わって「宗教法人法」が制定された後には変化がありました。有鹿神社の宗教法人としての設立登記は昭和28年8月1日にされており、昭和29年版の【神奈川県宗教法人名簿】には代表者に真下和助とある。
昭和32年は同じく真下和助氏、昭和35年は真下宮治氏、昭和37、39年は真下和助氏となり、昭和41、43年は真下宮治氏となっている。
昭和43年発行の【神奈川県民俗調査報告1】(96P)には大山阿夫利神社から神職を頼んでいる、と書かれており、同時期の神奈川県宗教法人名簿に載っている教派神道「大山阿夫利神社本庁真下教会」に神職を頼んでいた可能性が高い。

昭和46年からは小島重治宮司。すでに昭和43年から弥生神社で宮司(本務)を務めていた小島重治氏は昭和60年まで有鹿神社宮司を務めていた。
昭和63年には小島庸和宮司となり、現在も弁理士であり、大学で教鞭を執り、そして宮司として神事を執り行っている。

また、近年、有鹿神社と言えばパンダ宮司を忘れてはならない。
が、これはまた別の記事で書くことにしましょう。

コメント

このブログの人気の投稿

三眼六足稲荷と有鹿岡

三眼六足稲荷 有鹿神社本宮から南に約800メートルほどにある安養院の末社、三眼六足稲荷神社にはイナゴの災害から田畑を守った白狐伝説が伝わっています。
【相模惣国風土記残欠】を引用すると以下のようにある。
有鹿岡 有二社之南一。出二怪巌一。常有二数尾之白狐一。土貢逢蝗蟹之災之時。白狐変二田夫一除二其災一。如レ神。土俗崇レ之如レ神。【鷹倉社寺考】(39p)の安養院の項には「稲荷社、有鹿明神ノ使姫白狐ヲ祀ルト伝フ」とあり、有鹿神社の使姫(つかわしめ)であったという。

また、境内の石碑にも縁起文があるので一部を引用する。
(前文略)平安の頃から相模二十三座の式内社として有鹿岡に鎮座し延喜式内有鹿神社の霊域で其舊蹟は今も尚當院境内に一堆の浄域を存す 往昔この岡に年久しく棲み馴れし白狐あり 常に郷中の田園を守護し時に姿を農夫に化身し諸所の障害を驅除し數々の竒特を具現せり里民その神變不可思議を神使と感得し畏敬の念を岡邊に集ひて祠を建て稻荷明神と奉祀した(中略)
鎌倉時代地頭海老名尾張守李貞深く信仰し累代守護所と崇め三貫六百文の神田を捧げ加て祭祀を厚くす 降って寛永年間格雲守存 大和尚當院開山に念し右稲荷明神を境内鎮守と仰ぎ即ち稲荷山安養院と號す 其後文化十年山城國紀伊郡稻荷本宮より分霊を奉載し 社格を正一位に進め奉る(後略) この縁起の海老名李貞から捧げられた三貫六百文の神田から、三眼六足稲荷と呼ばれるようになったという。
【海老名の史跡探訪】(54p)にはこの海老名李貞と白狐のエピソードが言伝として紹介されている。
(前文略)境内には三眼六足稲荷があり、この縁起は古く、言伝によればその昔、頼朝富士の牧狩の時、一匹の白狐を射止んとした。その白狐手を合せて助けを求めんが有様に、海老名源八これをもらい受け有鹿丘に救う。
以来郷中の田園を守護し、時には農夫に姿を変えたりして各種の災を除くなど数々。里人神の使いとして祠を建て稲荷大明神として祀ったそうな(後文略) 有鹿岡 では、白狐が棲み、三眼六足稲荷が祀られたという有鹿岡とは何なのか。
有鹿神社の小島宮司が著した【お有鹿様と水引祭】(34p)には「有鹿神社の創建に係わる有力者を埋葬した古墳といわれている」とありますが、現在、その場所は安養院で、古墳ような地形は見当たらなくなっています。
実は昭和34年に発掘調査されています。海老名市立歴…

有鹿の池

有鹿の池有鹿神社中宮の境内にあり、石橋の架かる小さな涸れ池です。
 この池は有鹿明神縁起によると清浄の霊池とされ、永承4年(1049)後冷泉院より仏舎利の奉納があった時に有鹿明神が随喜してこの池に影向(ようごう)したことから影向の池とも呼ばれる。
 また同縁起には有鹿神社別当寺総持院の住職、慶雄が天正3年(1575)夢告によりこの池より御神体となる霊石を得たとされています。

 有鹿の池のすぐ横には海老名五ヶ村用水路(鳩川用水)が通っていて、有鹿井戸と同じように田植えの時期には伏流水が池を満たしていたといいます。



有鹿神社の石灯籠

社殿前両脇に二基づつ、四基の石灯籠が有鹿神社で現役の灯籠です。


 新しい石灯籠は平成9年7月に建立されたもので、火袋が六角柱で鹿が彫られている形ということで、よく見る春日灯籠です。

 古い石灯籠は明治17年7月建立とあるもの。形はよく知られる灯籠の分類には当てはまらないように見えます。もしかしたら、何かの原因で修復されたのでしょうか。

 さて、社殿後ろ石舎では、さらに古い灯籠のことについて記されたものを見ることができます。
 貞享4年(1687)8月に望月次郎七により石燈籠が寄進され、この石は灯籠の柱か、傍らに置かれている丸い石は宝珠でしょうか。


何も知らずに見れば、朽ちかけた石碑ですが、当時は境内に明りを灯していたことでしょう。

 現在は石灯籠に火が灯る機会は少ないですが、それでも、有鹿神社の石灯籠の火袋の中を覗くと、あなたの心にほっこりとあかりを灯すような出会いがあるかもしれません。