スキップしてメイン コンテンツに移動

上郷の虫送り

海老名温故館に展示されている虫送りの図
稲などの農作物を虫の害から守り、その年の豊作を願って行われる虫送り
令和元年現在では行われていませんが、明治40年代には上郷でも行われていたことが市史に記録されています。

7月下旬になると虫送りの触れが出されて準備が始まります。
現在、中新田諏訪神社では7月第4月曜日に虫送祭が行われていますので、おおよそ前の週くらいには触れが出されたのではないかと思われます。
虫送りの当日、村人は唐人じゅばん姿で鎮守の有鹿神社本宮に集まり、神職のもと拝殿で式を執り行うと、お神酒を頂き、行列を組んで海老名耕地へ出発します。

巡行は「道場前」から東方、現在の小田急海老名駅前あたりへ、そしてその北方一帯の「下牛が淵」から「上牛が淵」へと北上し、こんどは西方、「寺町」の方へと一巡しました。今では高層マンション、ららぽーとが立ち並び開発真っ只中の地区が、かつては水田で虫送りの順路だったのです。(茶色のラインが推定順路です)




先頭は「豊作祈願」や「虫送り」など願い事を書いた紙を吊るした男竹で作った流し旗。次に太鼓。次に神主、村の役人。そして一般の村人たちが80人ほど「稲の!虫を!おっくーれ!」という掛け声と太鼓の音とともに順路を巡り、最後には流し旗を鳩川に流して解散したのだそうです。

コメント

このブログの人気の投稿

三眼六足稲荷と有鹿岡

三眼六足稲荷 有鹿神社本宮から南に約800メートルほどにある安養院の末社、三眼六足稲荷神社にはイナゴの災害から田畑を守った白狐伝説が伝わっています。
【相模惣国風土記残欠】を引用すると以下のようにある。
有鹿岡 有二社之南一。出二怪巌一。常有二数尾之白狐一。土貢逢蝗蟹之災之時。白狐変二田夫一除二其災一。如レ神。土俗崇レ之如レ神。【鷹倉社寺考】(39p)の安養院の項には「稲荷社、有鹿明神ノ使姫白狐ヲ祀ルト伝フ」とあり、有鹿神社の使姫(つかわしめ)であったという。

また、境内の石碑にも縁起文があるので一部を引用する。
(前文略)平安の頃から相模二十三座の式内社として有鹿岡に鎮座し延喜式内有鹿神社の霊域で其舊蹟は今も尚當院境内に一堆の浄域を存す 往昔この岡に年久しく棲み馴れし白狐あり 常に郷中の田園を守護し時に姿を農夫に化身し諸所の障害を驅除し數々の竒特を具現せり里民その神變不可思議を神使と感得し畏敬の念を岡邊に集ひて祠を建て稻荷明神と奉祀した(中略)
鎌倉時代地頭海老名尾張守李貞深く信仰し累代守護所と崇め三貫六百文の神田を捧げ加て祭祀を厚くす 降って寛永年間格雲守存 大和尚當院開山に念し右稲荷明神を境内鎮守と仰ぎ即ち稲荷山安養院と號す 其後文化十年山城國紀伊郡稻荷本宮より分霊を奉載し 社格を正一位に進め奉る(後略) この縁起の海老名李貞から捧げられた三貫六百文の神田から、三眼六足稲荷と呼ばれるようになったという。
【海老名の史跡探訪】(54p)にはこの海老名李貞と白狐のエピソードが言伝として紹介されている。
(前文略)境内には三眼六足稲荷があり、この縁起は古く、言伝によればその昔、頼朝富士の牧狩の時、一匹の白狐を射止んとした。その白狐手を合せて助けを求めんが有様に、海老名源八これをもらい受け有鹿丘に救う。
以来郷中の田園を守護し、時には農夫に姿を変えたりして各種の災を除くなど数々。里人神の使いとして祠を建て稲荷大明神として祀ったそうな(後文略) 有鹿岡 では、白狐が棲み、三眼六足稲荷が祀られたという有鹿岡とは何なのか。
有鹿神社の小島宮司が著した【お有鹿様と水引祭】(34p)には「有鹿神社の創建に係わる有力者を埋葬した古墳といわれている」とありますが、現在、その場所は安養院で、古墳ような地形は見当たらなくなっています。
実は昭和34年に発掘調査されています。海老名市立歴…

有鹿の池

有鹿の池有鹿神社中宮の境内にあり、石橋の架かる小さな涸れ池です。
 この池は有鹿明神縁起によると清浄の霊池とされ、永承4年(1049)後冷泉院より仏舎利の奉納があった時に有鹿明神が随喜してこの池に影向(ようごう)したことから影向の池とも呼ばれる。
 また同縁起には有鹿神社別当寺総持院の住職、慶雄が天正3年(1575)夢告によりこの池より御神体となる霊石を得たとされています。

 有鹿の池のすぐ横には海老名五ヶ村用水路(鳩川用水)が通っていて、有鹿井戸と同じように田植えの時期には伏流水が池を満たしていたといいます。



有鹿神社の石灯籠

社殿前両脇に二基づつ、四基の石灯籠が有鹿神社で現役の灯籠です。


 新しい石灯籠は平成9年7月に建立されたもので、火袋が六角柱で鹿が彫られている形ということで、よく見る春日灯籠です。

 古い石灯籠は明治17年7月建立とあるもの。形はよく知られる灯籠の分類には当てはまらないように見えます。もしかしたら、何かの原因で修復されたのでしょうか。

 さて、社殿後ろ石舎では、さらに古い灯籠のことについて記されたものを見ることができます。
 貞享4年(1687)8月に望月次郎七により石燈籠が寄進され、この石は灯籠の柱か、傍らに置かれている丸い石は宝珠でしょうか。


何も知らずに見れば、朽ちかけた石碑ですが、当時は境内に明りを灯していたことでしょう。

 現在は石灯籠に火が灯る機会は少ないですが、それでも、有鹿神社の石灯籠の火袋の中を覗くと、あなたの心にほっこりとあかりを灯すような出会いがあるかもしれません。