スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

有鹿の森

弥生の森 有鹿神社本宮は、相模川中流域で中津川小鮎川鳩川という支流合流点の水はけのよい自然堤防上に鎮座しています。この場所には遅くとも弥生時代中期には人々の暮らす大集落があったことが河原口坊中遺跡の発掘調査で分かっています。
500を超える竪穴式住居、多彩な石器や土器、小銅鐸などの祭具、泥で空気から遮断されていたために木製の農具や生活道具が当時の姿のまま発掘されました。
その発掘調査から当時の植生環境が分かる大型植物遺体も分析されています。
カヤ種子、ヒノキ葉、スギ葉・種子・救果、モミ葉、オニグルミ核、ヤナギ属葉、サワシバ 果実、イヌシデ果実、アサダ果実、シラカシ葉・果実、ウラジロガシ葉、コナラ属果実・幼果、ムクノキ核、エノキ属葉・果実・核、コウゾ属核、クワ属核、コブシ種子、アオツヅラフジ種子、マタタビ属種子、モモ核、ウメ核、サクラ節核、バラ属A・B・C核、キイチゴ属核、フジ属芽、センダン核、トチノキ果実・種子、ツタ種子、ブドウ属種子、タラノキ核、ウコギ 属核、クサギ種子、ニワトコ種子、オオカメノキ核、サンショウ種子、イタヤカエデ果実・ 種子、イイギリ種子、エゴノキ属核、キリ種子の木本植物 37 分類、草本植物 54 分類群、シダ植物1分類。 栽培植物ではイネ、キビ、ヒエ、アサ、ヒョウタン、モモ、カボチャが見つかり、また、カツオやマグロ、アユ、メジロザメ等の魚類、イノシシ、ニホンジカ、タヌキ、ツキノワグマ、ニホンオオカミ等の獣骨も発見された。
このようなことから、弥生時代の有鹿の森では豊かな照葉樹林冷温帯落葉樹林が広がり、人々はその木を伐採して住居や道具を作り、水辺での祭祀を行い、魚や獣を狩り、畑を開墾し、近隣の後背湿地で水田稲作を行っていたと想像できます。

”松無し”の有鹿の森 江戸時代前期の禅僧、鉄牛道機が竜峰寺に滞在した時にその景色を讃えたという竜峰寺八景詩の1つ、祇林緑樹は有鹿の森を指すと考えられる。
鬱密幽叢祇樹林
薫風殿閣滴清陰
区々紫陌紅塵外
来此応須洗客心 竜峰寺のあった相模横山の高台から大山の方向を見ると、眼下には広大な海老名耕地の水田、そして相模川の流れの前には鬱蒼とした緑樹に覆われた鎮守の杜が坊中~外記河原まで広がっていたのでしょう。

江戸時代の漢詩に表される程の立派な森には、松の木が一本も生えていない「松無しの森」という伝承があります…
最近の投稿

史料に見る有鹿神社の神職

有鹿神社の神職について触れられている史料を見てみると【鷹倉社寺考】(34P)に
鶴岡八幡神社職事大伴家古文ニ「当国下海老名郷領家、有鹿神社主、山崎山城守時光」将軍家神供料御寄進ノ古文ヲ蔵セリ。 とあるが、この大伴家古文を未確認であるので調査中とする。
ただし、下海老名郷という記述を見ると、鎌倉、室町時代以降のことであると思われる。

次に【海老名市史7通史編近世】(638P)に井上主計(かずえ)と加藤頼母(たのも)という名前が出てきます。明治元年(1868)に神仏分離令が出された後、有鹿神社別当、総持院龍海と檀家、総代、福寿院、河原口名主の連名で「龍海が復飾するところであるが、総持院には十六の末寺を抱え、檀家もあるので、有鹿神社の別当職を離れるのみとし、弟子の隆寛房を井上主計と改名して神職として務めさせたい」という願書を提出した。しかし、長年有鹿神社の神事に関与していたという加藤頼母が反対し、紛争が起きたという。
最終的には井上主計(隆寛房)、加藤頼母、共に退役して、加藤頼母の子が井上主計の名前を継ぐ形で神主になることで内済した。これはすでに神奈川県に有鹿神社の神職は井上主計で提出してあったためであった。
神職井上家は大正、昭和初期まで続き、大正二年には横須賀水道工事に伴う有鹿神社の土地登録抹消申請書【海老名市史4資料編近代】(494p)が提出され井上多満喜が社々司となっていること、また昭和に入って【海老名市史5資料編現代】(322P)の高座郡神職会事業報告から分かる。
「昭和14年1月4日 郷社有鹿神社々司井上多満喜氏葬儀執行ニツキ会長会葬ス」 しかし、戦後、昭和26年、宗教法人令に代わって「宗教法人法」が制定された後には変化がありました。有鹿神社の宗教法人としての設立登記は昭和28年8月1日にされており、昭和29年版の【神奈川県宗教法人名簿】には代表者に真下和助とある。
昭和32年は同じく真下和助氏、昭和35年は真下宮治氏、昭和37、39年は真下和助氏となり、昭和41、43年は真下宮治氏となっている。
昭和43年発行の【神奈川県民俗調査報告1】(96P)には大山阿夫利神社から神職を頼んでいる、と書かれており、同時期の神奈川県宗教法人名簿に載っている教派神道「大山阿夫利神社本庁真下教会」に神職を頼んでいた可能性が高い。

昭和46年からは小島重治宮司。すでに昭和4…

上郷の虫送り

稲などの農作物を虫の害から守り、その年の豊作を願って行われる虫送り
令和元年現在では行われていませんが、明治40年代には上郷でも行われていたことが市史に記録されています。

7月下旬になると虫送りの触れが出されて準備が始まります。
現在、中新田諏訪神社では7月第4月曜日に虫送祭が行われていますので、おおよそ前の週くらいには触れが出されたのではないかと思われます。
虫送りの当日、村人は唐人じゅばん姿で鎮守の有鹿神社本宮に集まり、神職のもと拝殿で式を執り行うと、お神酒を頂き、行列を組んで海老名耕地へ出発します。

巡行は「道場前」から東方、現在の小田急海老名駅前あたりへ、そしてその北方一帯の「下牛が淵」から「上牛が淵」へと北上し、こんどは西方、「寺町」の方へと一巡しました。今では高層マンション、ららぽーとが立ち並び開発真っ只中の地区が、かつては水田で虫送りの順路だったのです。(茶色のラインが推定順路です)




先頭は「豊作祈願」や「虫送り」など願い事を書いた紙を吊るした男竹で作った流し旗。次に太鼓。次に神主、村の役人。そして一般の村人たちが80人ほど「稲の!虫を!おっくーれ!」という掛け声と太鼓の音とともに順路を巡り、最後には流し旗を鳩川に流して解散したのだそうです。

三眼六足稲荷と有鹿岡

三眼六足稲荷 有鹿神社本宮から南に約800メートルほどにある安養院の末社、三眼六足稲荷神社にはイナゴの災害から田畑を守った白狐伝説が伝わっています。
【相模惣国風土記残欠】を引用すると以下のようにある。
有鹿岡 有二社之南一。出二怪巌一。常有二数尾之白狐一。土貢逢蝗蟹之災之時。白狐変二田夫一除二其災一。如レ神。土俗崇レ之如レ神。【鷹倉社寺考】(39p)の安養院の項には「稲荷社、有鹿明神ノ使姫白狐ヲ祀ルト伝フ」とあり、有鹿神社の使姫(つかわしめ)であったという。

また、境内の石碑にも縁起文があるので一部を引用する。
(前文略)平安の頃から相模二十三座の式内社として有鹿岡に鎮座し延喜式内有鹿神社の霊域で其舊蹟は今も尚當院境内に一堆の浄域を存す 往昔この岡に年久しく棲み馴れし白狐あり 常に郷中の田園を守護し時に姿を農夫に化身し諸所の障害を驅除し數々の竒特を具現せり里民その神變不可思議を神使と感得し畏敬の念を岡邊に集ひて祠を建て稻荷明神と奉祀した(中略)
鎌倉時代地頭海老名尾張守李貞深く信仰し累代守護所と崇め三貫六百文の神田を捧げ加て祭祀を厚くす 降って寛永年間格雲守存 大和尚當院開山に念し右稲荷明神を境内鎮守と仰ぎ即ち稲荷山安養院と號す 其後文化十年山城國紀伊郡稻荷本宮より分霊を奉載し 社格を正一位に進め奉る(後略) この縁起の海老名李貞から捧げられた三貫六百文の神田から、三眼六足稲荷と呼ばれるようになったという。
【海老名の史跡探訪】(54p)にはこの海老名李貞と白狐のエピソードが言伝として紹介されている。
(前文略)境内には三眼六足稲荷があり、この縁起は古く、言伝によればその昔、頼朝富士の牧狩の時、一匹の白狐を射止んとした。その白狐手を合せて助けを求めんが有様に、海老名源八これをもらい受け有鹿丘に救う。
以来郷中の田園を守護し、時には農夫に姿を変えたりして各種の災を除くなど数々。里人神の使いとして祠を建て稲荷大明神として祀ったそうな(後文略) 有鹿岡 では、白狐が棲み、三眼六足稲荷が祀られたという有鹿岡とは何なのか。
有鹿神社の小島宮司が著した【お有鹿様と水引祭】(34p)には「有鹿神社の創建に係わる有力者を埋葬した古墳といわれている」とありますが、現在、その場所は安養院で、古墳ような地形は見当たらなくなっています。
実は昭和34年に発掘調査されています。海老名市立歴…

有鹿神社本宮の社殿

有鹿神社本宮社殿の再建修理が行われたという伝承や記録が残るのは、天平勝宝6年(754)、応永23年(1416)、天正6年(1578)、元和8年(1622)、元文4年(1739)、嘉永2年(1849)、明治5年(1872)です。

天平勝宝6年神社縁起藤原広政による神殿の再営応永23年神社縁起宝樹沙弥による大修理天正6年神社縁起、高座郡神社略誌
元和8年沼田頼輔氏所蔵古文書地頭高木主水正の内室が社殿再興元文4年総持院所蔵古文書社殿再営嘉永2年御宮御普請ニ付差引勘定覚帳
明治5年海老名市史

 平成30年現在、現存している社殿がいつ建てられたものかは不明ですが、関東大震災でも倒壊せず、【目で見る大和・座間・海老名・綾瀬の100年】に明治期の社殿が写っている写真が残っており、江戸期から大切に修繕されて残ってきたと思われます。

本殿 海老名市指定重要文化財となっている本殿は元文4年に高木主水正清秀の内室によって再興されました。
【神奈川県近世社寺建築調査報告書】(285p)よると桁行七尺(210cm)、一間社流造、柿葺の大規模な社殿とあるが、【神奈川県神社誌】(365p)では春日造、桧板葺、1.9坪の社殿と説明されています。
 内部は内陣、外陣の前後二室に分かれていて、外陣は正面の板唐戸の他に両側面に一本引建具を入れてあり、内陣の仕切りには二本丸柱を立てて板唐戸を入れてある。
 この空間に神職が入り、祭祀を行うことを想定している作りと考えられていて、実際に水引祭りなどで宮司が外陣に入るといいます。
 彫刻の仕事は丁寧で、向拝柱の獏の木鼻をはじめ、母屋柱には獅子と獏、正面扉両脇の菊水に竹と鳥の彩色透彫、虹梁の間に鳳凰の透彫、脇障子の昇龍透彫など、見事に施されています。

拝殿・幣殿・覆殿 拝殿は日枝造向拝付。14.5坪。
 向拝には唐破風、虹梁上と木鼻に龍の彫刻があり、有鹿大明神と書かれた扁額が飾られ、鈴と鈴緒は一組つけられています。
 拝殿妻側の破風には雲に鶴の懸魚がついています。
 内部は中央の身舎と左右の庇に分かれていたように見えますが現在は仕切りはありません。
 天井板の天井龍絵図は江戸時代の絵師、近藤如水の作で嘉永2年(1849)ころに描かれたと考えられていて、海老名市指定重要文化財となっています。

幣殿は両流造。3坪。

覆殿は神明造。12坪。
 千木は内削ぎ、鰹木は4…

有鹿神社の宮鐘

有鹿神社の宮鐘は、鳥居から境内に入ってすぐ左手にある鐘楼に収められています。
 最初に宮鐘を寄進したのは宝樹沙弥(海老名持季)で、応永24年(1417)11月3日に和泉権守恒光作の宮鐘を寄進しています。
相州田倉郡海老名郷
有賀大明神宮鐘銘文
應鑄造鐘事
夫犍槌一打。三千之衆雲集。霜鐘三振。四生之苦氷銷。故能田剡免刀輪。獄率休鑊湯。長眠聞之驚覺。永夜因之忽暁。當社所以繁榮之垂跡。所以暫添般若。𥛦道場主只鳴鐘乎。然今道人淸自造立。毎刀伏有緑。道俗各添消塵。相濟斯願。伏願生々吐如來梵響。世々曉衆生之苦聲。今不任至願。謹奉勸。
應永廿四酉丁十一月三日
勸 進 沙門剛中ロ之
大檀那 沙彌寶樹
大 工 和泉守經光
鐘銘は貞享三年正月に別當總持院から代官へ提出された古文書より。
作者の和泉権守恒光については詳しくわかっていませんが、鎌倉大仏などを造った相模鋳物師である物部氏の意匠を受け継ぐ作風であった清原氏の一族と考えられています。同じ作者の宮鐘が伊勢原市沼目の八坂神社銅鐘(県指定重要文化財)として残っています。

【鷹倉社寺考】(35p)には初代宮鐘は明応4年(1495)8月15日の地震で破損したとあり、二代目宮鐘が元禄2年(1689)3月に荻野郷新宿の鋳物師、木村清兵衛正重と木村太郎左衛門吉重作で再鋳されたとされています。年代については總持院から代官への書状にも記されています。その二代目宮鐘は昭和20年(1945)第二次世界大戦のため金属供出されてしまいました。
【海老名市史5資料編現代】(309p)の海老名市域の社寺供出梵鐘一覧にはその大きさが記載されています。
総高3尺7寸6分(142.88センチ)、笠形1尺3寸(49.4センチ)、鐘身2尺8寸3分(107.54センチ)、口径2尺1寸(79.8センチ)、厚さ2寸(7.6センチ)、撞座径3寸2分(12.16センチ)、撞座高3分5厘(1.15センチ)、乳段列5段16列
 戦前は鐘楼が八王子道を挟んだ有鹿小学校敷地の一角(かつての有鹿神社境内地)にある有鹿姫之霊地史跡の碑の場所にあったというので二代目宮鐘まではそちらにあったと思われます。有鹿小学校は昭和31年創立で、それ以前は河原口分校でした。昭和27年2月に生徒数増加のため出された増築請願書が残っています。



 現存の宮鐘は三代目となり、昭和53年(1978)7月に再鋳され…

有鹿神社の石灯籠

社殿前両脇に二基づつ、四基の石灯籠が有鹿神社で現役の灯籠です。


 新しい石灯籠は平成9年7月に建立されたもので、火袋が六角柱で鹿が彫られている形ということで、よく見る春日灯籠です。

 古い石灯籠は明治17年7月建立とあるもの。形はよく知られる灯籠の分類には当てはまらないように見えます。もしかしたら、何かの原因で修復されたのでしょうか。

 さて、社殿後ろ石舎では、さらに古い灯籠のことについて記されたものを見ることができます。
 貞享4年(1687)8月に望月次郎七により石燈籠が寄進され、この石は灯籠の柱か、傍らに置かれている丸い石は宝珠でしょうか。


何も知らずに見れば、朽ちかけた石碑ですが、当時は境内に明りを灯していたことでしょう。

 現在は石灯籠に火が灯る機会は少ないですが、それでも、有鹿神社の石灯籠の火袋の中を覗くと、あなたの心にほっこりとあかりを灯すような出会いがあるかもしれません。